サファイアクロス代表 横山れいこ オフィシャルブログ

「お名前ちょうだいできますか。」って名前を聞く時に使う正しい言葉?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

我が社には小さいながらコールセンターがある。

簡単な電話応対のマニュアルはあるが、大体経験者を採用しているので、個々の電話応対スキルに任せてある。

新しく入ったオペレーターの電話対応を聞いてみる。

 

電話応対も終盤に差し掛かった頃、相手の名前を伺う時にこう言った。

「お名前ちょうだいできますでしょうか。」

 

・・・・・・・

果たして、この日本語って、正しいのでしょうか。

カスタマーサポートスペシャリストがお答えいたします。

電話応対で「相手の名前を聞く」時

「お名前」を「ちょうだい」する。

まず、「お名前」に関しては、

「名前」「お」を付けることによって、丁寧語にあたりますので正しいです。

 

では、「ちょうだいする」はどうでしょうか。

「ちょうだい」とは、「もらう」の謙譲語ですので、「何かをもらう」には正しい日本語です。

 

ただ、今回のように「名前を聞く」場合は、

「お名前をちょうだい」では、「名前をもらう」の意味になってしまいます。

 

名前はもらいませんよね・・・

 

「名前を聞く」「名前を伺う」時の正しい電話応対とは。

「聞く」尊敬語「おきき」「きかれる」がありますので、

 

「お名前をお聞かせいただけますか。」

「お名前をお聞かせ願いますか。」

などがあります。

 

また、「伺う」は、「聞く」謙譲語にあたりますので、

「お名前をお伺いできますか。」

「お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」

などと使うと良いかと思います。

 

「お名前をいただけますか。」は、大丈夫??

「お名前をちょうだいできますか。」

と、同じように

「お名前をいただけますか。」

という人も多いかと思います。

 

「いただく」「もらう」謙譲語ですので、これも正しい日本語ではありませんね。

 

接客の現場では多く使われている「お名前ちょうだい」

「お名前ちょうだいできますか」が正しい日本語ではないことは分かりました。

 

ただし、お客様と対面で接客している人の多くは

「お名前頂戴してもよろしいでしょうか。」

と、使っている人が大変多いのが現状です。

 

それは、おそらく

「とても丁寧に聞こえる」

からだと思います。

 

ただ、電話応対に関しては

「正しい日本語を使うのがスマート」

だと、私は考えます。

 

臨機応変に少しづつ言葉を変えて対応できる(言葉が単調にならない)オペレーターこそが、カスタマーサービス(顧客満足)に答えられるスペシャリストではないかと思います。

 

応用編。「クッション言葉」を使って、より丁寧に。

相手に何かをお願いする時や、お伺いを立てる時に、

その言葉の前に使用する言葉が「クッション言葉」と言いますが、

それを用いて、より丁寧で優しい印象を与えると、なお良い電話応対になります。

 

今回のように

「名前を聞く」際には、

恐れ入りますが、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」

大変失礼ですが、お名前をお聞かせ願えますでしょうか。」

など。

 

ただ、私の個人的な考えなのですが

「失礼ですが」

って言葉は、あまり好きではないです・・・(笑)

(失礼だと思うなら言うなよ)←言葉が汚いですね・・

・・・って、個人的には思ってしまうので。

 

今回のまとめ

  • 「お名前」は「名前」の丁寧語
  • 「ちょうだい」は「もらう」の謙譲語
  • 「伺う」は「聞く」の謙譲語

「名前を聞く」

時の、正しい電話応対は

「お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」

です。

 

以上。

電話応対歴230,000件以上

クレーム対応1,000件以上

カスタマーセンターのスーパーバイザー歴3年

カスタマーサポートスペシャリスト 横山れいこ でした。

各種、研修のご依頼、セミナー講師、カスタマーセンターのシステム導入コンサル等、お仕事依頼はお問い合わせください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

Copyright© 電話応対は「会社の顔」 , 2019 All Rights Reserved.