サファイアクロス代表 横山れいこ オフィシャルブログ

精神疾患は自分で克服できる!完全断薬して2年経ちました。支えてくれたたくさんの人に感謝!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

長年苦しんだ「精神疾患」を克服し

「精神障害者」から「健常者」になり、

第二の人生を歩み始めました。

ライターのRayです。

 

14年間もの長い間精神科に通い、精神薬を飲み続けました。

 

そのわたしがいろんな

「人との出会い」

「情報との出会い」

により

精神薬を徐々に減薬し、2016年7月23日に完全断薬、

薬とは無縁の健康な体を取り戻せました。

 

2018年7月23日で完全に断薬をしてから丸2年が経ちました。

 

今日は、わたしを支えてくださった周りの人に感謝の意を込めて。

 

日記を書こうと思います。

 

そうぞ、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

わたしを助けてくれた「感謝する人」

大阪で「食の大切さ」を伝えている、安楽真生子さん。

↑この写真は、私が断薬して1年半経ったくらいの時に、お仕事で東京へ来る情報を聞きつけ、帰りの新幹線乗り場までお見送りに行った時に撮った写真です!左がマキさんです。

 

一番最初にご紹介する人は

なんと言っても「安楽真生子」さん(以下、マキさん)です!

 

マキさんのブログに出会っていなければ、「断薬」は出来なかったと言っても過言ではないです!

 

マキさん情報

安楽真生子さんのブログはコチラ↓

makimaki’s blog

プロフィール

あんらくまきこ 〜大阪堺で健康カフェ経営/調理師/食と健康がテーマの会社代表/国際食学協会認定講師/酵素ファスティング認定校〜
性虐待トラウマと重い躁鬱病を克服した経験を活かし、食・健康・命の大切さを発信中!
〜安楽真生子の人生の目的〜 世界中の人々に愛と生きる勇気を与え社会貢献することです。そして、自ら命を絶つ人を一人でも減らします。そのために食・健康・命の大切さを伝えられる人を育成します。

(makimaki’s blogより)

わたしと同じ「双極性障害(躁鬱病)」でした。

 

病気を、「食」を変えることで克服し、その大切さを広める為に幅広く活動されていらっしゃいます。

 

マキさんのブログとの出会い

わたしがマキさんのブログに出会うまでは、わたしは精神障害者認定を受けている「精神障害者」でした。

 

「断薬をしたい」と思う気持ちはずっとありましたが、薬を減らしては体調が悪くなり・・・

 

「あ、わたしは精神障害で一生薬を飲み続けるんだろうな・・・・」

 

そう思っていました。

 

働くこともできず、

人と接することもほぼなく、

インターネットを見る習慣も当時はほとんどありませんでした。

 

そんなわたしがある時、ふと「双極性障害」で検索をし、たまたまマキさんのブログにヒットしました。

 

それが、わたしのマキさんブログとの出会いでした。

 

無性の愛で心の支えになってくれた大切な存在

マキさんのブログに出会いわたしは14年間飲んでいた精神薬を断薬しました。

 

そして、その事を伝えたくて、断薬できたことのお礼も言いたくて、メッセージを送りました。

 

マキさんはきっとたくさんの人から日々メッセージを受けていると思うのに、とても丁寧に返信してくださいました。

 

断薬してからも日々襲ってくる体調不良の恐怖に、何度も挫折しそうになりました。

 

でも、その度にマキさんが大切な言葉をたくさんくれました。

 

「この人はなんて凄いことをやってのけるのでしょうか・・・」

 

「わたしには計り知れない苦悩を乗り越えた人は強い・・・」

 

そう思いました。

 

 2016年9月、直接お会いしてお礼が言えました。

完全に断薬をして約2ヶ月後、わたしは大阪へ行く機会がありました。

 

どうしても直接お会いしてお礼が言いたくて、会いに行きました。

 

お忙しい中、お時間を作っていただき、直接お礼を言うことができました。

 

マキさんへの想い、感謝の気持ち

マキさんのブログに出会い、わたしの人生は大きく変わりました。

 

マキさんに出会っていなければ、わたしの断薬の選択は無かったかもしれないし、大きく先延ばしになっていたと思います。

 

マキさんに出会ったお陰で断薬できたし、その後辛い離脱症状に負けずに済んだのもマキさんの支えがあったお陰です。

 

本当にありがとうございました。

 

これからもどうぞよろしくお願いします!

 

千葉で「断薬カウンセリング」をやっている、工藤史恵さん。

この写真は、断薬継続カウンセリングの最終日に撮った写真です。右が史恵さん。真ん中は愛犬”小麦”ちゃん。

次にご紹介するのは、千葉でカウンセラーをしている「工藤史恵」さん(以下、史恵さん)です。

 

断薬を決意したものの、きちんとした専門の知識を持った史恵さんのアドバイスなしでは、長年飲み続けていた精神薬を断薬するのは難しかったかもしれません。

 

史恵さん情報

工藤史恵さんのHPはコチラ↓

断薬相談.com

 

プロフィール

工藤史惠のカウンセリングは「薬に頼らず心も身体も健康になる!」をモットーに、向精神薬に頼らず健康的に暮らすことを目標にカウンセリングを行っています。

私は元々、家庭問題を専門に扱うカウンセラーでした。

その私が、ひどい不眠症になり睡眠薬のお世話になり、そして薬害に遭い動けなくなってしまったのは2012年の頃でしょうか。

それまでの私は、もう一生睡眠薬を飲まなければ眠れない人間なのだと思い込んでいました。

そう思い込んでいたはずなのに、どんどん動けなくなるうちに、ふと「この薬を飲み続けていたら、私、死ぬな」と思ったのです。

そこからツラい減薬・断薬を試みました。

私の場合は、禁断(離脱)症状が身体に強く出たので、当時は「こんなにツラいなら死んだほうがマシだ」と何度泣いたかわかりません。

それでも今、このように活動できるまで戻ることができました。

多くの方が断薬に関するカウンセリングを行っていますが、工藤史惠のカウンセリングの一番の違いは「経験者だからこそわかる」という部分です。

(断薬相談.comから一部抜粋)

 

史恵さんも精神薬を断薬してご活躍をされている方でした。

 

史恵さんとの出会い

マキさんのブログで精神薬を断薬すると決意し、わたしは無謀にも当時飲んでいた薬を一気に飲むのを止めてしまいました。

 

そして、死にそうになり怖くなって「断薬」とキーワードをインターネットで検索したところ、史恵さんのホームページを見つけました。

 

わたしがHPを見た内容は、「断薬」の記事ではなく、「家庭問題」の記事でした。

 

でも、内容を見て(この人にお願いすればきっと大丈夫)そう思いました。

 

そして、10分お試し電話でお話しさせていただき、継続カウンセリングに申し込みました。

 

史恵さんのカウンセリングは凄い!

史恵さんのカウンセリングの凄いところは、きちんと目標設定があり、ゴールが見えているところです。

 

カウンセラーによっては、カウンセリングに依存させて長年継続させる人もいらっしゃるようですが、史恵さんのカウンセリングは始める前にゴール設定があります。

 

わたしは「継続6回」のカウンセリングに申し込みました。

 

そして、カウンセリングと次回の予約までの間は、毎日毎日自分と向き合い、いろんな気づきをいただきました。

 

お陰で、6回カウンセリング終了と同時に「卒薬証書」をいただくことが出来ました!

 

史恵さんへの想い

史恵さんは「優しく」時には「厳しく」、もう二度と精神薬を飲まないで済むように、メンタルをトレーニングしてくださいました。

カウンセリングの後は考えることがたくさんあり過ぎてとても疲れました。

 

でも、今まで何も考えずに、自分ときちんと向き合うこともせずに、ただ医者が処方した薬に頼るだけの人生だったわたしを助けてくれました。

 

いくら「断薬したい」という意思があったとしても、現実は辛く、専門的なアドバイスがなければ「完全断薬」は失敗に終わっていたと思います。

 

だから、本当に感謝しかないです。

 

本当に本当にありがとうございました。

 

これからも、どうぞよろしくお願いします!!

 

 

わたしを助けてくれた「感謝する情報」

薬に頼らない診療内科。東京神田にある「ベスリクリニック」

精神薬を断薬し、なんとか生活はできていたものの、重度の「睡眠障害」だったわたしは、上手く睡眠を取ることが出来ませんでした。

 

そして、断薬1年が過ぎたあたりに「うつ状態」になってしまいました。

 

そこで、「やっぱりまた精神薬を飲もうか・・・」って、本気で思いました。

 

でもそこで見つけたのが、

薬に頼らない診療内科「ベスリクリニック」でした。

 

そこでわたしは「睡眠指導」をしていただき、「瞑想」を学びました。

そこから3ヶ月で、わたしはようやく心身ともに健康になれました。

 

本当に、感謝しています。

 

「引き寄せの法則」を発信している、上村浩昌さん

上村浩昌さんのブログはコチラ↓

「世界一わかりやすい人生が良くなる動画」

上村さんの30日間無料メルマガは、本当に「神」です!

「30日で人生が変わる魔法のメール講座」

 

わたしは、このメール講座で今までの人生の「不満」が一気に無くなりました。

 

わたしが今まで人生に「不満」があったのは、「感謝」が足りなかった。

 

このメール講座で、「過去の辛かった出来事」を全て記憶を塗り替えられたし、愛情が足りていないと感じていた親に対しての感情が全て「感謝」に変わりました。

 

このワークをやったのは半年以上前ですが、もう一回やりたいと思うくらい素晴らしいものでした。

 

もし、読んでいるあなたが、人生に不満があると思っているなら、是非、やってみる価値はあると思います!

 

わたしを支えてくれる仲間たち

わたしがどんな状態であっても、変わらず接してくれて、助けてくれる仲間にも感謝します!

 

わたしが精神薬を断薬し、その後うつ状態になった時に

「やっぱり14年間(薬を飲んでいた期間)は長過ぎた・・・」

と、落ち込んでいたら

 

「それでもきっと何かしらの意味があって、れいちゃんにとっては必要な時間だったんだよ」

って、言ってくれた親友がいました。

 

本当に本当に感謝します!

 

これからわたしがやるべき事

ブログで発信し、苦しんでいる人をサポートしたい

精神で病み、苦しんでいる人はたくさんいます。

 

その全ての人をサポートすることはできません。

 

でも、もし「断薬したい」って人がいて、その人の参考の一つになれれば幸いだと思い、細かく「断薬」の過程を記録していきたいと思います。

 

本当の想いは・・・・

わたしの本当の想いは・・・・

 

精神で落ち込んだ時に

「精神科(心療内科・メンタルクリニック)へ行く選択する人を減らしたい!」

 

わたしは「断薬」の記事を書いていますが、

本当は「薬依存」にならないためにも、そもそも病院へ行く選択をする人を減らしたいと思っています。

 

精神が落ち込んだ時は、まずゆっくり休暇を取ってもらいたいんです。

 

でも、現在の社会では、結局は辛くても病院の診断がなければ休暇が認められない状況だと思います。

 

わたしは精神の専門家ではないので、強くは言えませんが、

 

「疲れた時は休む」

「精神が落ち込む時は、気分転換する」

 

そうやって、なるべく体に負担をかけないようにして、病院へ行く選択をする人が減って欲しいと思っています。

 

「自分の体は自分で守って欲しい」

 

そう思っています。

 

最後に

今回は、精神薬断薬2年経過記念で、感謝する人や情報について書きました。

「人は1人では生きていけない」

 

「人は支えあって生きている」

 

インターネットの普及により、助けてくれる人が身近な人だけではなくなりました。

 

自分でいろんな情報を拾うこともできるし、自分から発信して情報を集めることもできる。

 

良い時代になったと思います。

 

そのお陰で、わたしは救われました。

 

今は、趣味でゆるくベリーダンスをやりながら、人生をよりよくするための「コーチング」をしています。

 

20キロ以上減量し、断薬する前とは見違えるように元気になったし、本気で笑えるようになりました。

 

本当にわたしに携わってくれた全ての人・物・情報に感謝します!

 

ありがとうございました!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Rayでした!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

Copyright© 電話応対は「会社の顔」 , 2018 All Rights Reserved.