サファイアクロス代表 横山れいこ オフィシャルブログ

今思うと「薬中!?」当時は病気だから仕方ないと飲んでいた精神薬の量

 
この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

双極性障害と診断されて、14年もの長い間精神薬を飲み続けたRay(女性)が、断薬を決意して行動を起こした記録です。

今回は断薬する人がとても気になる「どのくらい薬飲んでいたの?」にお答えします。

今回も、当時の日記を振り返りながらご紹介します。




無料会員登録してカウンセリングを受ける

精神薬断薬をする前に飲んでいた薬の種類と量

断薬する6年前

■朝・昼・夜
漢方ツムラの芍薬甘草湯
デパケンR・・200mg×2
ソラナックス・・0.8mg

■15時
デパケン・・200mg

■朝・夜
レキリタン・・5mg

■睡眠前
デパケンR・・200mg×2
レスリン・・25mg
ルーラン4
メイラックス・・1mg
睡眠薬 ロヒプノール・・4mg

 

これは断薬をする直前の薬の量ではなく

断薬をする約6年くらい前に飲んでいた

おそらく過去最高に飲んでいた時期のものだと思います。

当時の状態

病院へ行く以外は家で寝ていたと思います。

当時受けていたカウンセリング後の記事を読んでも、

  • お風呂になかなか入れない(入れても髪を洗えない)
  • 夜眠れない

など。

お風呂はシャワーだけで、髪は一週間に一度しか洗えなかったと書いてありました。

一番薬を飲んでいた時の日記(2010.6.14)

 

 

デパケンの血中濃度(2010.6.14当時の日記より)

躁病に効果的な薬「デパケン」。

それぞれその人にあった量を同じ量で飲み続ける事が大事らしいです。

相当体調が悪かったので、一週間早めて診療内科を受診しました。

前回血液検査の結果で、デパケンの血中濃度を把握していた先生は、「もう少し濃度をあげましょう」と、寝る前にもデパケンを飲む様処方してもらいました。

結局、今飲んでいるデパケンの量は一日「1000mg」

・・決して少ない量ではないです。

そして、現在服用している薬

■朝・昼・夜
漢方ツムラの芍薬甘草湯
デパケンR・・200mg ×2
ソラナックス・・0.8mg

■15時
デパケン・・200mg

■朝・夜
レキリタン・・5mg

■睡眠前
デパケンR・・200mg×2
レスリン・・25mg
ルーラン4
メイラックス・・1mg
睡眠薬 ロヒプノール・・4mg

なんか、種類たくさんでこんなに飲んで大丈夫なのかな??

ま、とにかく今は今の苦しさから解放されるまでは、先生の言う事を守って頑張ろう!

 

当時の日記を振り返って

当時のわたし・・・ごめんなさい。

 

完全に「薬中」ですね・・・・・

 

薬の血中濃度をあげるために薬を処方する医者も医者ですが・・・

それを「苦しさから解放されるため」に、飲んでいたわたしって・・・・・

 

この感想。

辛くて薬を飲んでいる方からすればとても失礼な言い方かもしれません。

 

でも、あえて伝えたいです。

完全に「薬中」だったな・・・・と。

断薬直前に飲んでいた薬の種類

完全断薬1ヶ月前に飲んでいた薬

  • レキソニン
  • ルーラン

確かこの二種類だけに減っていたかと記憶しています。

ただ、この薬に落ち着くまでも

量を変え、品を変え、

増えたり減ったりしていたと思います。

なぜか???

要注意!薬を減らす時の離脱症状

薬の種類を変えたり、減らしたりする際に気をつけなければいけないのが

 

「離脱症状(禁断症状)」です。

 

わたしがそうだったので、精神で病んでいる方はほとんどだと思うのですが

その離脱症状を

 

「病状の悪化だ!!!」

と、勘違いしてしまいます。

 

と言うか、医師が病状の悪化だと言って、薬を処方します。

減薬による離脱症状の対処法

これはわたしは専門家ではないので

強くは言えないことと

あくまでも自己責任で判断いただければと思います。

  • 極端に減らしすぎない
  • 体調の変化は離脱症状のものだと理解する

当時、減薬をする段階でわたしが何度も陥って

減っては増え、減っては増え・・・を繰り返していたので

参考になれば幸いです。



まとめ

今回は、精神薬をどのくらい飲んでいたのか?

を、記事にしてみました。

 

以前のわたしも含め、断薬をしようと希望する人は

断薬した人の記事を読んで

「どのくらいの期間飲んでいてやめたのか?」

「どのくらいの量を飲んでいてやめれたのか?」

って、気になるところだと思います。

 

一番Maxで飲んでいた断薬する6年前の薬の量。

断薬直前の薬の量になるまでに6年かかって減薬したことになります。

でも、

  • 体調の悪化は、薬による「離脱症状」だと理解する
  • 「自分は病気ではない」と強く自覚するともっと早く減薬できる

このことを伝えたくて、記事にしてみました。

 

あなたの断薬の参考になれば幸いです。

 

でも、決して無理はしないでくださいね。

Rayでした!




無料会員登録してカウンセリングを受ける

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

Copyright© 電話応対は「会社の顔」 , 2018 All Rights Reserved.