サファイアクロス代表 横山れいこ オフィシャルブログ

「飲みに行った後のラーメンが止められない!」ダイエット中の対処法とは!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

女性のための「10キロ以上痩せてリバウンドしないマインドを作る」コーチングをしています。

ライターRayです!

 

よく質問で

「飲みに行った帰りにどうしても〆のラーメンを食べてしまうんですが、止められる方法はありますか?」

と、聞かれます。

 

これは、女性よりは男性の方が多いような気がします。

 

ちなみにわたしは、最近は食事制限なしで体重をキープできるようになったので、飲みに行った帰りの「ラーメン+替え玉」なんかは良くします(笑)。

 

でも、ダイエット中や体重を減量中の人はできるだけ控えた方が良いですよね。

 

今回は、「飲みに行った帰りのラーメンが止められない」あなたのための、いくつかの対処法をご紹介いたします。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

飲みに行った後の〆のラーメンは美味しい!

そもそも飲みに行った帰りの〆のラーメンはなぜあんなに美味しいのか??

 

なぜ食べたくなるのか??

 

お酒を飲むと、血中グルコースを消費するから

血中グルコースとは「血糖」です。

 

お酒を飲むと肝臓がアルコールを分解しようとします。

 

その時に、血中グルコースを消費するので、血糖が不足します。

 

そうすると「お腹減ったぞ〜〜〜!!!」って、脳にサインが送られます。

 

だからわたしも飲んだ後に急激にお腹が空くんですよね。

 

お酒を飲むと、血糖値が下がるから

お酒を飲むとアルコールを分解するために糖分を必要とします。

 

それにより「血糖値が下がり」結果、炭水化物が欲しくなります。

 

お酒を飲むと、水分が不足するから

お酒は水分と思われがちですが、アルコールの水分は尿として排出されてしまうので、水分が不足してしまいます。

 

ただ、わたしの経験上、水分だけとると逆に気持ち悪くなったりします。

 

なので、わたしはラーメンの塩分が入った温かいスープを飲むと落ち着きます(笑)。

 

そんな理にかなった〆のラーメンを止める対処法

「食べない」と決めるより、「食べる時を変える」

わたしのダイエット法で常に言っている言葉ですが、

 

「食べ無いものを決める」

より、

「食べるものを決める」

 

ことがリバウンドしないマインドを作るのに大切になります。

 

今回は、

「食べない」ではなく、「食べる時を変える」です。

 

①お酒を飲んだ後に食べないで「先に食べる」

 

同じ食べるなら

「お酒を飲んだ後」

ではなく、

「お酒を飲む前に食べる」

 

なかなか難しいとわたしは思いますが、でも、これが出来ればかなり有効です。

 

なぜなら、飲む前に食べることで、飲みに行った時の飲食の量が極端に抑えられます。

 

②その日は我慢して、次の日に食べる

 

「食べるのを我慢」するのではなく

 

「その日我慢して、明日食べられる」

 

って、思うことが大事です。

 

これが出来れば、以外に次の日起きたら

「もういっか・・・」

 

って、なるようになります。

 

もちろん食べても良いんですけどね・・・

 

一緒に食べる仲間を減らす

これはいつも一緒に〆のラーメンに付き合ってくれる人がいる場合に有効です。

 

仲間がいるとどうしても流れ的に

 

「飲んだ後は、ラーメン」

 

みたいな縮図になってしまっていることが多いです。

 

なので、

例えば

「これから〆にラーメンへ行くのは止める」

と、先に宣言するとか。

極端な話、〆にラーメンへ行く仲間との飲みを減らすとか・・・

 

そうやって〆のラーメンを回避できます。

 

「1人でも行ってしまう・・」って、人には無効ですね・・・(笑)

 

習慣だと思い込んでいるマインドを変える

「習慣」は、ほぼ「無意識」です。

 

「お酒を飲みに行った後」→「〆にラーメンを食べる」

 

これが、習慣化(無意識)している場合が多いです。

 

良い習慣で無意識にできるのは良いことですが、

 

今回のような習慣の怖いところは

 

「自分の欲求」とは関係なくその行動を起こしてしまうことです。

 

ようは、

「お腹は満腹なのに習慣で食べてしまう。」

「いつも食べてるからとりあえず食べる」

などです。

 

これは、お酒を飲んだ後の〆のラーメンに限らず、

ダイエットするにあたっての「食事の心構え」でも、結構重要になってきます。

 

お酒を飲んで酔っ払うと特に、この「無意識の習慣」な部分が出やすいので、酔っ払う前に先に「食べない」って決めることが大事です。

 

だから、習慣化して「こうあるべき」と思っている自分のマインドを意識的に変えることで、変化していきます。

 

今回は「〆にラーメン」という無意識の習慣を「止める」って事です。

 

ラーメンの代わりに食べるものを決める

 

「ラーメンの代わりの食べ物を決める」

 

これが今回の〆のラーメンを止め、

 

ダイエットにも一番有効な手段だとわたしは思っています。

 

具体的な代わりの食べ物

①しじみのお味噌汁

 

一番は「しじみ汁」ですね!!!

 

「しじみは肝臓に良い!」

のは、多くの方が知っている事実だと思います。

 

しじみの中には、肝臓に良い

  • タンパク質
  • ぶたみん
  • ミネラル

が豊富に含まれています。

栄養素としては

  • タウリン
  • オルニチン

が多く含まれていて、これもまた肝臓に良いとされています。

 

お味噌に含まれるタンパク質も肝臓を強くしてくれる働きがあるので、とても良いです。

 

②春雨スープ(インスタント)

「しじみ汁」だと、

 

「ラーメンの代わりにならない!!」

 

そう感じる方は、「春雨スープ」がオススメです。

 

〆のラーメンが習慣化している人には特に有効で、

 

「麺を食べている感覚」

 

に、なります(笑)。

 

ただ、注意していただきたいのが、

 

以外にも「中華麺」より「春雨」の方がカロリーがある!

 

って、ことなんです。

 

でも、なぜここでご紹介したかと言うと、

 

インスタントの春雨スープだと、そもそもの春雨の量が少ないので

 

それだけで、カロリーが抑えられて満腹感があるからです。

 

それに、ラーメンは麺そのもののカロリーだけでなく、

 

スープやチャーシューなども高カロリーになる原因になります。

 

なので、ラーメンを食べるなら、インスタントの春雨スープの方が低カロリーで満腹感が得られるのでオススメです。

 

結論

食べる時を変える方法

  • 飲む前に食べる
  • 飲んだ後我慢して翌日食べる

〆を食べに行く仲間を無くす

  • 仲間に「食べに行かない」と宣言する
  • そもそもの付き合いを減らす

習慣を変える

  • 「飲んだ後」→「ラーメン」の考えを止める
  • 「飲んだ後」→「食べない」を決める

飲んだ後の食べるものを変える

  • 代わりにしじみのお味噌汁を飲む
  • インスタントの春雨スープに変える

 

どれか一つから始めてみると良いと思いますよ。

 

まとめ

今回は、ダイエット記事の中でも

 

「飲んだ後のラーメンを止めるには!?」

 

に、焦点を当ててみました。

 

いかがでしたか??

 

飲みに行った後の、〆のラーメン・・・・

 

止めれそうですか???

 

こんな記事を書いているわたしは〆のラーメン大好きです!

 

もし、どうしても食べてしまうようなら、

 

「あ〜〜食べちゃった・・・」

 

って、思わないで

 

きちんと

 

「自分は食べたくて食べてるんだ!!!」

 

って、

自分の意思で食べていることをきちんと自覚すること!

 

食べた事を絶対に後悔しないこと!!

 

これが、大事ですからね。

 

そうやって少しづつ習慣とマインドを変えて行くことによって、

 

太らない体を作るマインドになっていきますからね。

 

頑張るんじゃなくてマインドを変えて行ってくださいね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Rayでした!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

Copyright© 電話応対は「会社の顔」 , 2018 All Rights Reserved.