「好きな事を仕事にしたい」けど一歩が踏み出せない。プレゼントはもらうとワクワクするけど、中身は開けてみないと分からないよ。

「自分軸」で生きる

情報社会の今、どんなことでも検索するとその情報が手に入る。

「なんでも好きなことができる」そんな時代になりました。

あなたは、自分のワクワクする方向へ進んでいますか??

 

女性をキレイにするカリスマ。REISAです。

 

これは、わたしがFacebookでいつも呟いている、

読んでくれているファンが多い(たぶん。。。笑)

【恒例の朝の呟き】を、

「せっかくだからたくさんの人へ向けてリライトして、記事にしていこう!」

と、言う企画です。

 

今、もしあなたが、ワクワクする事を仕事にしたいのに、

「本当に大丈夫かな?」「失敗したらどうしよう?」

って、行動する前から二の足を踏んでいるとしたら。。

 

TOC

この記事はこんな人におすすめ。

  • 仕事が長続きしない。
  • 好きなことを仕事にしたいけど、何が好きか分からない。
  • 好きなことはあるけど、なかなか行動に移せない。

この記事を読むとこうなる。

  • 自分にとって何が大切かを考えるきっかけになる。
  • 今頭の中に浮かんでいるやりたいことを始める決心がつく。

 

行き当たりばったりでも、ワクワクする事をとりあえずやってみる。

※ わたしの身の上話、どうでも良い人は、ここ飛ばして、記事読んだ後に、気になったら読み返してもOK!

 

今まで、色んなワクワクを選択してきた。

わたしはかなりの行動派で、飽き性。

今までも色んな事に挑戦し、そこそこ出来て、飽きて、また別の事をする。

そんな事ばっかりやってきました。

 

専門学校を卒業した後、

アイスランド人のオーナーが日本料理屋をオープンさせたく日本人調理師を探しに日本に来ていて、

わたしはその話を聞いて2つ返事で行く事を決め。

アイスランド行ってメニュー開発したり、調理師として働きました。

※詳しくは、また別記事にまとめますね。

東京に帰って来てからは、職を探して面接に行った帰りに、外苑前で素敵なレストランを見つけ、

「あ〜こんな素敵なお店で働けたらな〜〜」って、飛び込みで「働かせてください」と行き、

結局、姉妹店でランチを任され、集客を二倍に増やすことに成功。

そのお店がビルを取り壊す事になり、どうしようかと思っていたら、

たまたま当時仲良くしていた友達から良いバイトを紹介され、また二つ返事でOKし。

ビジネスオーナーや一代で会社を大きくした社長さんたちが、在籍するコンサルタント会社の事務職をやることになり。

わたしはビジネスオーナーの方達から、ビジネスや経営についてたくさん教えていただきました。

その後、

カスタマーセンターで慣れないオペレーターの仕事始めましたが、

スーパーバイザー制度にのっかり「やりたい!」と立候補したら、

それがまさかの適任で。

商品企画や、システム開発に携わり、かなり活躍し、業界トップになるお手伝いをしました。

その後、

フラワーアレンジメントで、プリザーブドフラワーのディプロマ取得して、50人くらいの花嫁さんのプロデュースやったり。

 

「飽き性」の人がリスペクトされる時代になる??

割と全部、行き当たりばったりだし、趣味でやるなら仕事にしよう!とか。。

そんな感じ。

そんな飽き性の自分を、ダメだなぁ。。なんて、思ってたけど、

そんな多くの経験を積んで来た、わたしのようなタイプがリスペクトされる時代になって来た?

あの実業家のホリエモンこと、堀江貴文さんがと「多動力」言う言葉を流行らせ、多動性こそが、今の目まぐるしく進化する流れに順応出来ると。

 

ホリエモンが流行らせた「多動力」とは?

堀江さんが流行らせた多動力とは?

堀江貴文氏の『多動力』が発売前に2万部の重版が決まり、すでに5万部を突破する、異例の売れ行きとなっている。

あらゆるモノがインターネットにつながることによって出現したのは、全業界のタテの壁が溶けてなくなった、フラットに開かれた社会だ。このかつてない時代では、業界の壁を軽やかに飛び越える「越境者」にこそ、チャンスがあるという。堀江氏は、「1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった」と断言する。これまではネガティブにとらえられていた「多動力」こそ、未来の日本人に必須のスキルとなるのだ。

東洋経済onlineより

今までは、ネガティブな人物として認識されていた。

今まで、「多動性」のある人は、ネガティブは方へ捉えられがちでした。

それを、堀江さんは「これからの時代に必要だ」と。

わたしの解釈は、「固定概念を捨てられる人こそ、現代にとって欠かせない重要人物」。

これからは業界の縦の線がなくなり、今まで交わる事がないと思っていた、

“全くの別ジャンルのお仕事の方とのコラボ” などがどんどんと実現して行く。

そのためには、「多動性」ようは「柔軟力」により、

“今まで当たり前だと思っていた、「固定概念を捨てられる人物」”

“「今まで発想がなかったアイデアを提供できる人物。」が、活躍できる時代が来たんですね。

そうわたしは解釈しました。

 

とりあえずやってみる事の大切さ。経験したことない事を、始める前から考えても「良い答えは出ないよ。」

「何でもすぐに飛びつく危ない人」も戦略の一つ。

わたしは、周りから見たら、何でもすぐに飛びつく危ない人だと、心配されることが多い。

とてもありがたい事に(本当にそう思っていますよ笑)。

 

だけど、私はただ、後先考えずに飛びついてる訳では無い。

とにかくワクワクする事をやる事は、絶対に間違いでは無い。

でも、実際やってみて、その業界や動向を分析して、

『やっぱ、やーめた!!』って、なる事は多々ある。笑

でも、これも自分の中の戦略の一つで。

 

私は何も考えてない様に見られるけど、かなり目まぐるしく慎重に分析するタイプ。

マーケティング大好きなんで

 

「成功していない今現在の脳みそで、あれこれ考えても良い答えは出ない」

今、出来ていないのに、その知らない業界の事をあれこれ考えても、絶対に良い答えは出ない。

“今の自分の脳みそにある範囲での答え”しか出ない。

だから、とりあえずやってみて経験して、その業界で成功している人の話も聞いてから、判断するように、わたしはしている。

それを繰り返してきたからこそ、今は、ワクワクする事を仕事に出来ている。

 

プレゼントもらうとワクワクするよね?でも、その箱を開けてみないと中に何が入っているかは分からない。

そう。

ちょうどプレゼントをもらう時と同じ感覚。

プレゼントをもらう時って、ものすごくワクワクするよね?

 

「誰かにプレゼントをもらう」

ってことだけで、ワクワクするけど、

実際にその中に何が入っているのかは、

開けてみないと絶対に分からない。

だから、プレゼントをもらった時点でワクワクはするけど、

 

自分にとって

「本当にワクワクする物が入っているのか?」

「本当に自分ににとって必要なものが入っているのか?」

というのは、そのプレゼントを開けてみないと分からない。

 

 

自分のやりたい事を始める前も、プレゼントを受け取る時と同じ。

自分の行動に置き換えてみても同じ。

何か楽しそうな事を見つけたとする。

でも、それを実際に経験せずに、

「本当に楽しいだろうか?」

「私に続ける事ができるだろうか?」

やってもいない時点では、いくら考えても

「本当の答えは、絶対に出ない!!」

 

本当の答えは、経験でしか出ない!!

 

わたしは、そう思っています。

 

「成功」の定義って??周りの意見にまどわされるな。

 

「成功」するかしないか不安になるよね?

それでも、仕事となると、

「お金を稼げなかったどうしよう」とか、

「失敗したらどうしよう?」

とか、不安になる人も多いと思います。

 

でも、

そもそも「成功」の定義って何??

 

って、話です。

 

きちんと自分の中の「成功」を見つけ出して。

 

わたしの中での成功の定義は、

ワクワクする事を選択した時点で、自分にとっては成功だと、思ってる。

 

だって、

成功の定義って、人それぞれ。

  • お金になれば、成功だと思う人もいれば、
  • 月に100万円以上稼げないと成功とは言えない。と、思ってる人もいる。
  • それに、お金より時間の方が大切だって、思ってる人もいる。

だから、

 

わたしは、

“自分のワクワクする物を選択出来ている人” が、

すでに、その時点で成功だと思っている。

 

やっぱり私は時間が大切。

 

そこから、お金をどれだけ稼げるようになるか??

今の時点で、毎月フルタイム頑張って働くよりは稼いでいるから。

 

この過程を経験したり勉強したりしている今こそが、楽しい。

 

先日、この楽しんでいる過程を、

バカにするようなメールをわざわざ送って来てくれた親切な人がいるけど(笑)。

 

それもそれで、それはその人の価値観だし、

事実を言っているだけで、間違ったことは言ってないからね。

 

ただ、わたしの価値観ではないので、スルーさせていただきました。

まとめ

これからもわたしは足を止めずどんどん進化していく。

 

「人からバカにされる」人は、これからの時代「おいしい!」

「人からバカにされる」

「周りの人から反対される」

そんな状況は、ある意味「成功する要素を持っている」。

誰も考えつかない発想だからこそ、

ブルーオーシャンのジャンルを狙える。

 

誰もが思いつかない事だからこそ、それが、お金になる時代。

 

簡単におさらい

 

  1. ワクワクすることをとにかくやってみよう。
  2. やってみないと、やった事ない頭で考えても良い答えは出ない。
  3. やってから判断する事が、好きな仕事につける近道。
  4. 「成功」に対する、自分の価値観をきちんと持って。
  5. 「バカにされる」事がお金を稼げるチャンスになるよ。

 

さ。

これを読み終わったら、

早速頭の中に浮かんでいる

「ワクワクすること」を実際に行動してみてね!!

 

Thank You REISA!

 

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP