サファイアクロス代表 横山れいこ オフィシャルブログ

パラレルワールドって信じますか??精神薬を断薬してもうすぐ2年経ちます。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

ライターRayです!

このワードプレスのブログを開設してから3ヶ月経ちましたが、ほとんど記事あげていません・・・(反省・・・)

なかなか思うように記事が書けません・・・

 

でも、こんなわたしでも、以前から書いていたフリーブログは9年続いて、そちらにはすらすらと記事が書けてしまうのです・・・

 

そして、ほとんど更新もしていないのに毎日約200PVくらいあるんです・・・ガーーン・・・

 

なので、思い切って、

「為になる記事書こう!」って、意気込むのではなく、フリーブログで書いていたようなゆる〜〜い、ただの日記もどんどん書いていこうかと思いました。

 

あなたはパラレルワールドって信じますか??

パラレルワールドとは

 

「この現実とは別に、もう1つの現実が存在する」というアイディアは、「もしもこうだったらどうなっていたのか」という考察を作品の形にする上で都合がよく、パラレルワールドはSFにおいてポピュラーなアイディアとなっている。

パラレルワールドはSFでよく知られた概念であるだけでなく、実際に物理学の世界でも理論的な可能性が語られている。例えば、量子力学多世界解釈や、宇宙論の「ベビーユニバース」仮説などである。

wikipedia パラレルワールドより抜粋

「この現実とは別に、もう1つの現実が存在する」という、SFの世界に留まらず、量子力学の世界でも仮説として挙げられてるんですね。

 

わたしはパラレルワールドを信じます。

精神薬を断薬をして世界が変わりました

わたしは、双極性障害と診断されて精神薬を飲み続けて14年。断薬をしてもうすぐ二年が経とうとしています。

わたしは精神薬を断薬して大きく生きる世界が変わりました。

いや。。変わり過ぎた。

「わたしは精神障害者で、たぶん一生薬を飲み続けて、世の中との関わりをほとんど持たずに死んでいくんだな〜。」

って、漠然と思っていました。

それが、思い切って断薬をして、苦しい時期もありましたが、今は、せっかくこの世に生まれてきたんだから、

「とことんやるだけのことはやってから死のう!」

って、思ってます。

人間関係が大きく変わりました

正直、病んでいた時に仲良くなった人は、みごとに縁が切れました(笑)

これは本当に不思議なことなんですが、わたしから遠ざかったのではなく、周りから距離を置かれるようになりました。

今は、新たな志が同じ仲間か、病む前から仲よかった友達だけが繋がっています。

本当に幸せな限りです。

本当に感謝感謝です。

自分の人生を本気で考えるようになりました

今までの人生を振り返り、本気で反省し、本気でどうにかしたい!って、思うようになりました。

今まではいろんな人や物に依存して、なんでも上手くいかないことを他者のせいにしていました。

でも、苦しくても大変でも、自己責任で「自分のやりたいように生きたい!」って思うようになりました。

自分の志が変わると、出会う人も変わる!

今まで人間関係や生き方などで、悩むことも多かったですが、

「こんな風に生きたい!!」

って、自分のビジョンが見えてきたら

同じような志を持った方々が周りに集まるようになりました。

 

お恥ずかしい話ですが、今までは世間の愚痴ばっかり言う人が周りにたくさんいたんです。

きっと、自分もそういう人間だったんでしょうね・・・・

 

でも、今は「愚痴」「言い訳」言うのも、聞くのも

「時間の無駄!!」って、思います。

人生の目標が出来た

これは少しニュアンスが違って

「目標が出来た」ではなく

「目標を思い出した」ってのが正解かもしれない。

今までは「もう出来ない・・・」って思っていたけど、

「今からでも遅くない!」って、思っています。

 

人生、いくつになってからでも「遅い」って無いと思いました。

正直、死ぬまでに何かしらの気づきがあれば、人生正解なんじゃないかと思います。

まとめ

わたしは2年前にふとしたことがきっかけで、一生飲み続けると思っていた精神薬を断薬しました。

そのふとした事がなければ、今でも薬は止めれなかったと思うし、おそらく仕事もできず、ほとんど寝たきりの人生を送っていたと思います。

そう考えたら、今の生活なんて想像もできなかったし、まさに

「パラレルワールド」です。

もし、薬を止めて無かったら・・・って、思うと・・・・恐怖です。

だから、わたしはパラレルワールドを信じます。

今後の人生も決まったものは何1つ無い。

人生にはいくつもの平行した現実があって

それを「自分の信じた道」「自分の願った方向」を選んで進むかどうかは

「自分次第」なんだと思います。

 

「諦める」のも自分次第

「諦めない」のも自分次第

 

最後に・・

今回はゆるい日記を書くつもりが、パラレルワールドについて熱く語ってしまいました。

ゆるい日記のつもりで書いた方が、やっぱり書きやすいと思いました。

人のお役に立つ情報は勉強しつつ、追々書いていけたらと思っています。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

Rayでした!

この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

Copyright© 電話応対は「会社の顔」 , 2018 All Rights Reserved.