サファイアクロス代表 横山れいこ オフィシャルブログ

【こころ美からの言葉】自分にとって大切な人から好かれる方法とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

少し、スピリチュアルな観点から発信しています。

Rayからの、今日の「こころ美ことば」

自分にとって大切な人から好かれる方法とは?

ズバリ!結論から言います。

 

「自分にとって どうでも良い人 から、嫌われること」

 

です。

 

結論読んで「あ、分かる!なるほど!」って、思った方は、ここで終了です。笑

 

それって、どういうこと??

もっと詳しく知りたい!

 

って、思った方は、以下へお進みください。

 

なぜ、大切な人から好かれるために、誰かから嫌われなくてはいけないの??

 


 

 

そもそも大切な人から好かれない人ってこんな人。

 

  • 自分に自信がない。
  • 周りにすごく気を使う。
  • 周りにすごく気を使ってる割には、あまり人から大切にされない。
  • なぜ、人間関係がうまくいかないのか、自分では良く分からない。
  • 人に嫌われたくない。
  • 優しい。

 

あなたは、いくつ当てはまりましたか???

 

3つ以上当てはまったあなたは、このブログで解決できると思います!

 

物事には、必ず、「陰と陽」が存在する。

 

ものごとには必ず「影と陽」があります。

 

「陰と陽とは」

陰陽(いんよう、: yin – yang[1])とは、中国思想に端を発し、森羅万象宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から(いん)と(よう)の二つのカテゴリに分類する思想。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つのであり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる

陰陽互根陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、互いが存在することで己が成り立つ考え方。

Wikipedia より抜粋。

 

芸能人の例を挙げると分かりやすいかと思いますが、

 

「人気があり」且つ「知名度がある」有名人ほど、「アンチ」の人が比例して多いです。

 

有名な方で、長く人気を保っている方のほとんどは、この原理を理解しています。

 

ですので、「多くの人から好かれる」には、「多くの人から嫌われる」ことを、自然に理解し、覚悟しているんです。

 

ただ、今回の悩みは、「多くの人に好かれる」ことが目的ではなく、

 

「自分が大切に思っている人に、好かれる」って、ことですよね??

 

大切なのは、その「割り合い」なんです。

 

そこで、

 

先ほどの「大切な人から好かれない人ってこんな人」の中の項目が参考になるんですが、

 

「人に嫌われたくない」

 

こう思っている人は、しっかりと覚えておいてください。

 

「今、自分が関わっている全ての人から、好かれることは不可能です」

 

って、ことが事実ではあるんですが。

 

ここで考えて欲しいんです。

 

「あなたは 自分自身がどうでも良いと思っている人に好かれて 嬉しいですか??」

 

って、ことです。

 

「自分がどうでも良いと思っている」もしくは、「あまり好きではない」

と、思っている存在の人って、おそらく

  • 自分とは価値観が違う。
  • 話が合わない。
  • たぶん、本当の自分を理解してくれてはいない。

そんな感じの人ではないですか??

 

キツイ言い方しますが、

 

「そんな人に好かれようと努力しているから、本当に好きな人から大事にされないんです。」

 

嫌われないように努力して、なぜ、大切な人から好かれないの??

 


自分が大切に思っている人って、

 

 

「自分の心に近い存在」

 

なんですよね。

 

だから、本来ならば、そんなに頑張らなくても

 

元々、好かれているんです。

 

なので、逆に言うと、

 

どうでも良い人に好かれようとする=自分らしくない。

 

って、事になります。

 

だから、冒頭の結論で言った

 

「自分にとって どうでも良い人 から、嫌われること」

 

って、言うのは、イコール

 

「自分にとってどうでも良い人に、気に入られるように努力するのをやめましょう!」

 

って、言うのは、イコール

 

「自分らしくいると、自分の心に近い存在に気づいてもらえる」

 

って、事なんです。

 

一番は、「自分らしくいる」ってことが、大事。

 

そう、自分らしくいるってことが大事なんですが、

自分らしさって???

 

自分らしさって、「自分勝手」でも良くないし、なに??

 

って、思うかもしれませんが、

 

「自分らしさ」って、

 

「自分のことが好きで」

「そんな自分がこだわって、譲れない部分だけをきちんと主張する」

 

って、ことだと、わたしはそう思います。

 

なので、逆に言えば、

 

「譲って良い部分は、どんどん人に譲る」

 

これだけで、人間関係は大体なんとかなります。

 

でも、やっぱり人から嫌われるのって怖くないですか??

 

大丈夫なんです。

 

「自分らしくいて」

「自分の大切な人を、大切に思う」

 

それを、自分の意思としてしっかりと持っていれば、

 

面白い事に、自分に合わない人は、目の前から自然と消えていきます。

 

大事なのは、あくまでもそれを

 

「相手ではなく、自分自身が選択をしているんだ」

 

って、言う強い意思を持つ事。

 

そうすると、目の前からいなくなれない環境の存在の人であっても、

 

さほど気にならなくなるはずです。

 

自分らしくせず、気を使って仲良くしてくれている人は、

 

気を使っているあなたに付き合ってくれているだけで、

 

本当のあなたのことは好きではないですよ。


 

 

最後に大切な言葉

 

以上になりますが、

 

「自分にとって大切な人から好かれる方法」とは。

 

実はものすごくシンプルなんですよね。

 

自分らしくいる。

 

ただ、これだけなんですよね。

 

そして、付け加えるとしたら

 

「自分にとってどうでも良い人と、大切な人とを区別する」

 

そのために、「どうでも良い人には嫌われる」覚悟を!

 

こうしないと、相手には伝わりません。

 

(決して、態度を変える。って、ことでは、ないです!)

 

自分らしくいて、どうでも良い人を心にいれない!

 

それを心がけていたら、

 

大切な人から好かれるようになると思います。

 

ぜひ、心がけてみて下さい。

 

最後まで、ありがとうございました!

Rayでした!

この記事を書いている人 - WRITER -
電話応対のスペシャリスト、横山れいこです。 大手商社、新事業のコールセンター立ち上げメンバーのスーパーバイザーとして活躍。カスタマ・サポート・スペシャリスト資格取得。 コールセンターシステム導入、新人研修、指導者育成、品質管理、数多くのクレーム対応に携わり、独立。 セミナー講師やシステム導入のコンサルティングの傍、言葉の伝道師として活躍。

Copyright© 電話応対は「会社の顔」 , 2018 All Rights Reserved.